レジオンin日吉ダム

昨年はレジオンのテストで日吉ダムに行く機会が何度かあり、

11月のテストでもいい魚に出会うことが出来ました!

クランクをひったくっていく元気な個体!

この1匹からさらに改良を加えて、製品版のレジオンが生まれました。

画像はプロトタイプのレジオン。

多くの魚に出会えた貴重なプロトタイプです。

開発秘話など明日からレジオン開発記を書いていこうと思います!

アルカトラズ レジオン

ブログやHPの更新が半年以上あいてしまい、、、、ました。

facebookやインスタでこまめに更新していながら、こっちは放置になってしまってすみません。

さてさて、2020年も宜しくお願いいたします!

今年は、ついにこのルアーをリリース出来るところまで来たのです。

「アルカトラズレジオン」オカッパリに的を絞り、

今持てる技術と可能性をすべて結集して開発したシャロークランクです。

詳細は徐々に書いていきますので、宜しくお願いいたします!

琵琶湖釣果報告!

釣果報告いただきました!

琵琶湖でマグナムアルカトラズ!
アフターの綺麗な魚です。カラーはギラつきを抑えたYUKI’S SHADです!

マグナムアルカトラズの引きこごちの軽さと3,5mをしっかりと巻けるあたりがこれから夏に向けて南湖で重宝しそうと報告してもらえました。

ありがとうございます!

日吉ダムREPORT

6月5日の日吉ダムは、朝は少し雲があって、ローライト気味の良い雰囲気のなかスタート!

今回の目的は、第3のアルカトラズの開発テストだったのですが、魚を釣るというよりは動きの確認作業を繰り返してました。

ダム下流域からスタートし、中流域までの印象は、スポーンとアフターが混在する状況で、見える魚は多いです。しかも、見える魚のほとんどが45cm~60cmくらいで日吉ダムのポテンシャルを感じます。

クランクをガンガン追いかけてくるという状況まではもう少し季節の進行が必要かなぁと思いました。そこで、開発モデルの「我維羅‐壱式‐プラスティックVer.」で岸際をネチネチ探ると、すぐにズドンときました!

トップの釣りはやっぱり楽しい!!!

そのあとは、ワンド内で、数種類のプロトクランクを1ずつ動き確認で約3時間を費やし、念のため、上流の状況も知りたかったので、バックウォーターまでを見て回りました。

上流域も魚は多くみましたが、中流~下流域のほうが魚影は濃い印象です。

そして、クリアーな水質に合うバニラ5インチのブルーギルカラーで!

サイズはそこまで大きくないですが、日吉のバスはメッチャ引くので楽しいです!

1日を終えて、桟橋に帰ると、他の皆さんも沢山釣っておられ釣り方にもよりますが、状況はすごくいいです!このまま、梅雨に突入すると、雨パワーでさらに楽しいハードルアーの釣りが展開できるのではないかと思います!!!

次回がメッチャたのしみ!!!

本気のシャロークランク

昨日の水谷くんの釣果は、

開発中の新しいモデルで第3のアルカトラズです!

オリジナルのアルカトラズとマグナムアルカトラズの良いところを継承した

シャロークランクです!
だんだんと良くなってきていますが、まだまだ改良を重ねてます!

第3のアルカトラズ

皆さんこんにちは!
スタッフの水谷です。
やっと時間作れて、野池行ったら
10分くらいで55のバス釣れました!

満足したので帰宅してビールタイムですw
ヒットルアーは、まだまだテスト中のプロトで第3のアルカトラズですが、

今までのアルカトラズとは一味違う感じがしてます!

マグナムアルカトラズ出荷しました!

少し遅れていたマグナムアルカトラズが仕上がり、

先日出荷しました!!!

今回は4色で、大好きなカラーを作りました!

ブルーバックチャートはナチュラルなカラーですので、

どんな水にも馴染みます。

YUKI’S SHAD

ギラギラを抑えたシルバー系で少し透けるカラーはクリアーな野池でも威力を発揮します!

透けたときのシマシマ模様はコダワリのパープルで入れています。

次は、、、

琵琶湖の南湖で実績の高いナチュラルカラーの

南湖チャート!

野池や川、リザーバーでもよく使うカラーです。

そして、4色目のカラーは、ファントムクロー!

昨年、釣りユーチューバ―の剣崎さんの動画で野池で爆釣したカラーです!

これも、光を味方にできる透けるカラーで太陽光がしっかりある状況下でも魚に違和感を与えにくいカラーとなっています!

この週末くらいからショップ様店頭に並ぶと思いますので、

ぜひチェックしてみてください!!!